選んでも後悔しないWiMAXのホームルーターの5つの特徴

WiMAXのホームルーターについてお調べですか?

ホームルーターなら光回線などの工事をしなくても、すぐに自宅でネットや動画を楽しんでいただけますね。

ただ、現在では、ホームルーターはWiMAXの他にSoftBankからも発売されていますので、どっちが良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは、WiMAXのホームルーターが向いている方や、SoftBank Airなどの比較をしていきますので、参考にしてくださいね。

WiMAXのホームルーターとは?

ホームルーターについて

まずは、WiMAXのホームルーターについてお伝えします。

WiMAXのホームルーターは、ご自宅のコンセントに繋いで設定をするとネット(データ通信)が利用できる通信機器です。

ネットや動画をご自宅で見たい場合には必要となり、現在WiMAXから購入して利用できる最新の端末は「L02」で、家庭のインテリアとして置いてもおしゃれなのが特徴です。

また、下り通信速度は最大1Gbpsと速く、高画質の動画でも問題なく視聴でき、ご家庭のネット回線としてじゅうぶんに利用できます。

まずはWiMAXのホームルーターが向いているかを確認

まずは、WiMAXのホームルーターのメリットとデメリットをお伝えしていきます。

ポイントは2つ

①データ量を3日間で10GB以上使う方には向いていないことも

光回線などは工事をしないとネットなどを利用できませんが、速度制限などはありません。

しかし、WiMAXのホームルーターでは3日間に10GBのデータ量を利用すると、8時間程度の速度制限にかかってしまいます。

3日間で10GB以上のデータ量を使う方は、光回線などを利用するのがおすすめです。

→ 今もっともおすすめの光回線はこちら


②端末を持ち運びしたい方には向いていないことも

WiMAXのホームルーターは、家でネットを使うためだけに作られた端末です。

外でもネットや動画を利用したい方は、とうぜん持ち運ぶことができませんので利用できません。

もし、ご自宅でも外でも、ネットや動画を楽しみたい場合は、WiMAXの最新端末の「W06」がおすすめです。

W06なら最大通信速度が1.2Gbpsですので、選んでも快適に利用できます。

→ 比較でわかる!あなたにおすすめのWiMAXのモバイルルーター

選んでも後悔しないWiMAXのホームルーターの5つの特徴

WiMAXのホームルーターの特徴についてお伝えします。

工事をしなくてもすぐに利用できる

工事しなくても利用できるイメージ

WiMAXのホームルーターは、光回線のような1ヶ月程度かかる工事をしなくても、ルーターが届けばすぐに使うことができます。

しかも、WiMAXを申し込んでから最短なら当日発送してもらえ、早くて1〜2日程度で届けてもらえます。

すぐに契約して、ご家庭でネットを利用したい方にとってWiMAXは最適です。

サイズは大きくなくおしゃれ

L02のサイズの詳細

WiMAXのホームルーターのサイズは、高さが18cm程度とそんなに大きくなく、丸い形状ですので、お部屋に置いてもインテリアとして馴染みやすいのが特徴です。

しかも、コードはたった1本だけですので、配線をできるだけ少なくしたい方にもぴったりです。

また、本体にはLEDのランプが付いていますが、設定で消すことができるので、夜でもLEDランプを気にすることもありません。

電波がモバイルルーターよりも届きやすい

電波が届きやすいイメージ

WiMAXには、ホームルーターの他にモバイルルーターも発売されていますが、モバイルルーターは電波が弱く、端末の近くで利用しなくてはいけません。

しかし、ホームルーターはモバイルルーターよりも電波を遠くに飛ばすことができるメリットがあります

ご家族別々のお部屋で、ネットや動画を見たい場合には、ホームルーターがもっともおすすめというわけです。

また、モバイルルーターはバッテリーの消費を気にする必要がありますが、ホームルーターならコンセントに挿して使うので、バッテリーの消費を気にすることもありません。

通信制限が比較的かかりにくい

WiMAXのホームルーターは、7GBプランの他に無制限プランがあり、毎月たくさんのデータ通信量を使うことができます。

しかも、無制限プランの場合、通信制限は3日間に10GBのデータ量を使った場合だけ翌日の18時〜の約8時間だけ速度制限がかかるだけです。

すぐに速度制限は解除されます。

SoftBank Airと比較しても快適

よくWiMAXのホームルーターと比較される、SoftBank Airの場合速度制限のルールが曖昧に記載されており、いつ速度制限にかかってもおかしくありません。

こちらの口コミをご覧ください。

また、通信速度も遅い時があって固定回線として使うには少し厳しいようです。

→ SoftBank Airの速度制限について

でもWiMAXのホームルーターなら安心して利用していただけます。

通信環境によって通信速度は変化しますが、今のところWiMAXの方が安心して利用できますね。

→ 工事不要でおすすめの自宅に最適なWiFi

月額料金や費用が安く使える

では、最後によく比較されます、WiMAXのホームルーターとSoftBank Airとの料金はどんなものか見ていきます。

WiMAX L02 SoftBank Air
毎月のデータ量 無制限 無制限
月額料金 1〜2ヶ月目:2,170円
3ヶ月目から:3,480円
3,800円
25ヶ月目から:4,880円
キャッシュバック 5,000円 なし
事務手数料 3,000円 3,000円
トータル料金 120,660円 152,760円
契約期間 3年間 2年間
端末代 無料 36回の分割払い

最も安く利用できるのはWiMAX

まず、WiMAXのホームルーターは、3年契約が必要になりますが、端末代が無料ですので、更新月ならいつでも解約ができます。

また、キャンペーンのあるWiMAXのプロバイダのGMOとくとくBBなら「月額割引と5,000円のキャッシュバック」がもらえ最も安く利用できます。

→ 選んで間違いのない無制限WiMAX比較

SoftBank Airは端末の支払い回数と途中解約は要注意

しかし、SoftBank Airは58,320円の端末代金を36回で支払う必要があり、契約期間の2年間を過ぎても利用しなくてはいけません。

実際には毎月1,620円の割引があるので端末代は無料ですが、途中解約の場合は9,500円の契約解除料と、残っている端末代金を支払わなくてはいけません

1年間で解約をしたとすると、4万円近い残っている端末代金と9,500円の契約解除料を支払うことになります

ちなみにWiMAXのプロバイダのGMOとくとくBBなら、途中解約をしても19,000円の契約解除料金だけですみます。

もしの時を考えましても、WiMAXのホームルーターの方が安心して利用できるということになります。

今おすすめのWiMAXのプロバイダのGMOとくとくBB

GMOとくとくBB(月額割引で毎月お得)

WiMAXは、様々なプロバイダがあるのですが、通信速度や速度制限利用できるエリアはほとんど同じですので、最も安く利用できるGMOとくとくBBがおすすめになります。

現在では、月額割引サービスと、キャッシュバックキャンペーンをしていますので、どこよりも安く利用できます。

[専用のキャンペーンサイト]
→ https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

こちらのURL以外のサイトでは、キャンペーン内容が変更になる場合がありますので注意してくださいね。

まとめ

WiMAXのホームルーターについてお伝えしました。

WiMAXのホームルーターなら光回線のような工事もなく、端末が届けばすぐに利用できます。

ぜひ、最新の「L02」でご自宅で快適にネットや動画を楽しんでくださいね。

この記事が役に立ったら
いいね! してくださいね。