口座振替ができるWiMAX|比較でおすすめがわかる

口座振替ができるWiMAXのポケットWiFiをお探しですか?

現在、3社のWiMAXならクレジットカードではなく口座振替に対応しています

そこで、こちらでは各社の料金や、ルーター端末代金にサービスなどを比較して、契約しても損をしないWiMAXをご紹介いたします

最後には、おすすめのプランやルーター端末などもお伝えします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

口座振替ができるWiMAX!比較でおすすめがわかる

現在、WiMAXで口座振替に対応しているプロバイダは以下の3社あります。

  • UQ WiMAX(振込手数料が無料)
  • BIGLOBE WiMAX(一番安く利用できる)
  • Broad WiMAX(特にメリットはなし)

※@niftyも以前は口座振替を行なっていましたが、現在は口座振替が廃止されてクレジットカードのみの支払いとなっています。

まずは3社の料金の比較

まずは口座振替に対応しているWiMAX3社を、キャンペーン(キャッシュバックも含む)や契約期間の3年間利用した場合の料金などを比較していきます

BIGLOBE WiMAX UQ WiMAX Broad WiMAX
プラン ギガ放題 通常プラン ギガ放題 通常プラン ギガ放題 通常プラン
月額料金 3,980円 4,380円 3,696円 2,726円
〜4,011円
2,726円
〜3,326円
キャッシュバック 10,000円 なし なし
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
振込手数料 200円 0円 200円
3年間の
トータル料金
136,480円
(1年契約あり)
164,480円 139,856円 157,683円 135,756円

2020年の最新の料金で記載しています。

※3年間の料金は、月額料金+事務手数料+ルーター端末+口座振替手数料+キャッシュバック(ある場合のみ)で計算しています。

この中で口座振替ができるWiMAXで、一番安く利用したい方におすすめできるのはBIGLOBE WiMAXです

UQ WiMAXはBroad WiMAXと比べて料金が高くなっていますが、サポート体制がしっかりしているWiMAXを選びたい方には選択肢としては1つです。

BIGLOBE WiMAXは端末が有料でも一番安く利用できる

biglobe wimax

デメリットとしては、他社のプロバイダで契約した場合のルーター端末代金が0円〜1円なのに対し、BIGLOBE WiMAXでは4,800円(代金引き換え一括払い)がかかることです。

また、2年以内にBIGLOBE WiMAXを解約した場合には、本来割引をしてもらえる14,400円の端末残金を一括で支払う必要があります。

BIGLOBE WiMAXは2年間利用するだけで、14,400円の端末代が無料になります。長期間利用する方にはお得なWiMAXです。

ルーター端末代金などを比較

念のために他社のルーター端末代金を比較してみます。

プロバイダ名 端末代金 端末が届くまで
BIGLOBE WiMAX 4,800円 支払い方法確定後
2日〜1週間
UQ WiMAX 3,800円 1週間以内
Broad WiMAX 0円 最短で翌日

端末の代金だけを見るとBroad WiMAXが0円ですので、一番お得そうに見えますが口座振替の契約だと初期費用に18,857円かかってしまいます

ですので、Broad WiMAXは実際には安く使うことはできません。除外と考えて良いでしょう。

実際にはBIGLOBE WiMAXは口座振替で一番安く利用できますので、メリットの方が大きいくらいです。

また、BIGLOBE WiMAXは、6ヶ月目と早くキャッシュバックをもらうことができます。

[キャンペーンサイト]

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックがもらえる、限定のキャンペーンサイトにリンクしています。

→ https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

口座振替に対応しているWiMAXを契約するときの2つのポイント

口座振替に対応しているWiMAXを契約するときのポイントは2つです。

店舗よりネットでの契約がおすすめ

口座振替ができるWiMAXには店舗契約などもありますが、実際には料金が高くなるためにネットでの契約がおすすめです。

なぜなら店舗契約では、キャッシュバックなどのキャンペーンを行なっていない事や人件費が大幅にかかっているからです。

でも、ネットでの契約なら、お得なキャンペーンなどがあり店舗契約よりも安く利用できます。

必要な書類はネットから簡単に提出できる

口座振替に対応しているWiMAXのネットでの契約後に必要な書類は以下となっています。

プロバイダ名 必要書類 必要書類の
提出方法
料金の
引落とし日
BIGLOBE WiMAX 支払い方法登録申込書 郵送またはWEB 毎月26日
UQ WiMAX 預金口座振替依頼書 郵送またはインターネット
インターネットは捺印が不要
毎月26日
Broad WiMAX 本人確認書類
身分証明証
メールまたはFAX 毎月27日
または毎月3日

まず、UQ WiMAXで必要書類を提出する場合には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類などのコピーが必要になります。

20歳未満の申し込みには、親権者の同意が必要になる場合がありますので、注意してくださいね。

また、Broad WiMAXならメールで書類を提出でき、UQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXならネットで書類を提出できますので、簡単に手続きを済ませることができます。

各社のWiMAXで口座振替に対応している金融機関

各社のWiMAXで口座振替に体対応している金融機関は以下となっています。

  • ゆうちょ銀行
  • 都市銀行(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀)
  • 信用金庫
  • ネット専業銀行など
  • ほとんどの金融機関に対応しています。

BIGLOBE WiMAXでの書類を郵送する場合は、口座登録が確定するまでに7〜10日程度かかります。

契約するプロバイダによっては、口座振替ができるまでに1〜2ヶ月程度かかる場合もありますので、日にちに余裕を持って申し込みしてくださいね

※口座振替の場合は金融機関での審査などがあり時間がかかります。

ちなみに口座振替ができるまでは、契約したWiMAXの会社から振込用紙が送られてきますので、コンビニなどで支払うことができ安心して利用していただけます。

口座振替に対応いているWiMAXの契約方法

口座振替に対応しているWiMAXの利用方法をいくつかに分けてご紹介します。

プランを決める

口座振替(クレジットカードでの支払いも同じ)に対応しているWiMAXの利用は、まずプランを決めます。

WiMAXのプランは以下の2つです。

  • ギガ放題(データ量が毎月使い放題)
  • 通常プラン(ひと月に利用できるデータ量は7GBまで)

ギガ放題プランについて

簡単にプランの説明をしておきますと、ギガ放題プランは3日間で10GBのデータ量を使った場合だけ、翌日の18時から約8時間のみ速度制限にかかります。

しかし、速度制限時でも約1Mbpsの通信速度で利用できますので、標準画質のYouTubeなら視聴できます。

通常プランについて

WiMAXの通常プランは、ひと月に利用できるデータ量が7GBまでと決められたプランです。

7GBのデータ量を使ってしまうと、128Mbpsの速度制限にかかってしまうので、ホームページをひらくだけでも1分程度かかってしまいます。

ですので、動画などを頻繁に視聴する方は、プランを選ぶなら月々600円程度しか変わらないギガ放題プランがおすすめです

7GBでできること

参考程度に7GBのデータ量で、どのようなことができるのかを記載しておきます。

7gbのデータ量でできることの目安

ちなみに、YouTubeの標準画質の動画では約28時間、高画質の動画で約11時間程度の視聴ができる程度です。

ギガ放題の方がゆるい速度制限だけで利用できますが、参考程度に覚えておいてくださいね。

ルーター端末を決める

WX06 W06 L02
wx06 W06 Speed Wi-Fi HOME L02
製造 NEC  HUAWEI HUAWEI
重さ 約127g  約125g 約436g
サイズ W111mm
H62mm
13,3mm
W12.8mm
H64mm
D11.9mm
約W93mm
H178mm
D93mm
通信速度  下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
下り最大1Gbps
上り最大75Mbps
通信回線  WiMAX2+
au 4G LTE
 WiMAX2+
au 4G LTE
 WiMAX2+
au 4G LTE
通信時間 WiMAX2+なら最大14時間  WiMAX2+なら11.4時間
自宅専用端末
連続待受
時間
 約700時間 約800時間
バッテリー
容量
 3,200mAh 3,000mAh
最大接続
可能台数
 最大16台 最大16台 最大40台

上の表のように、WiMAXにはいくつかのルーター端末がありますが、種類としては以下の2つです。

  • 1、自宅だけで使うホームルーター
  • 2、持ち運びできるモバイルルーター

どのルーター端末を選んでもスマホやパソコン、タブレットなどに電波を飛ばしてネットを楽しむことができます。

また、どのルーター端末を選んでもWiMAX2+回線のハイスピードモード、au 4G LTE回線のハイスピードプラスエリアモードをつくことができます。

au 4G LTE回線の基礎知識

au 4G LTE回線のハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+の電波が届きにくい場所でもLTE回線を端末で切り替えることで利用できるモードです。

月々に利用できるデータ量は7GBまでと限られてしまいますが便利な機能です。

3年契約のWiMAXがほとんどですので、追加のオプション料金などもなく利用できます。

自宅だけで使うホームルーターでおすすめはL02

L02

自宅だけでWiMAXを利用したい方におすすめは、最新端末のSpeed Wi-Fi HOME L02です。

持ち運びすることはできませんが、最大1.Gbpsの通信速度でネットなどを利用することができ、電波の繋がりやすいホームルーターです。

ホームルーターにつきましては、WiMAXのホームルーターの5つの特徴もありますので、参考にしてくださいね。

持ち運びできるルーター端末はW06がおすすめ

W06

こちらのモバイルルーターは、最新端末のSpeed Wi-Fi NEXTW06です。持ち運びができ、家でも外でもネットや動画を楽しむことができます。

また、通信速度はWiMAX2+回線なら下り最大558Mbps、au 4G LTE回線なら下り最大1.2Gbpsと快適に利用できます。

従来のルーター端末に比べると、家の中でも繋がりやすい端末でもっともおすすめです。

その他のモバイルルーターを選ぶ場合は、クレードルを購入できるかを選ぶことができるのですが、値段が高いのでおすすめはしません。

もし、クレードルが欲しい場合は後からでもネットで購入できます。

それぞれの端末を比較したい場合は、WiMAXのルーターのW05とW06を徹底比較!もありますので参考にしてくださいね。

選んで間違いない口座振替ができるWiMAXはBIGLOBE WiMAX

biglobe wimax

口座振替ができるWiMAXについてお伝えいたしました。

その中で一番おすすめできるWiMAXは、キャッシュバックをもらって安く利用できるBIGLOBE WiMAXです

クレジットカードでの契約ではなくて、少し申し込みが面倒ではありますがサポートもしっかりしています。

わからないことがあっても電話でいつでも質問もできるくらいです。

また、auユーザーでスマホや携帯電話を利用している場合は、auスマートバリューmine が適用になり、auの月額料金を最大1,000円割引をしてもらえます。

ぜひ、口座振替ができるWiMAXで快適な通信をしてくださいね。

[キャンペーンサイト]

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックがもらえる、限定のキャンペーンサイトにリンクしています。

→ https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

この記事が役に立ったら
いいね! してくださいね。