WiMAXを使うならW05とW06どっちがおすすめか徹底比較!

W06とW05どちらを選べば良いか悩んでいますか?

WiMAXを使うならW05、W06どちらを選んでも快適に利用できますが、はじめに結論をお伝えしておきますと、通信速度が速いルーターを選びたい人はW06がおすすめです。

しかし、W05もけして悪いルーター端末ではないので、その辺を詳しく比較していきます。

ぜひ、参考にしてあなたにぴったりもルーター端末を見つけてくださいね。

WiMAXのW05とW06を徹底比較

W05は、2018年1月に発売されたWiMAXのモバイルルーターですが、W06は、2019年1月に発売された最新のモバイルルーターです。

そこで、どちらのモバイルルーターを選べば良いのかを比較していきます。

通信速度

WX06 W06 L02
wx06 W06 Speed Wi-Fi HOME L02
製造 NEC  HUAWEI HUAWEI
重さ 約127g  約125g 約436g
サイズ W111mm
H62mm
13,3mm
W12.8mm
H64mm
D11.9mm
約W93mm
H178mm
D93mm
通信速度  下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
下り最大1Gbps
上り最大75Mbps
通信回線  WiMAX2+
au 4G LTE
 WiMAX2+
au 4G LTE
 WiMAX2+
au 4G LTE
通信時間 WiMAX2+なら最大14時間  WiMAX2+なら11.4時間
自宅専用端末
連続待受
時間
 約700時間 約800時間
バッテリー
容量
 3,200mAh 3,000mAh
最大接続
可能台数
 最大16台 最大16台 最大40台

下り最大通信速度はW06の方が速い

W06の最大通信速度

まずはWiMAXのW06のモバイルルーターからですが、以前のW05のモバイルルーターは下り最大通信速度が758Mbpsでしたが、W06はUSBケーブルでの有線接続時は、下り最大通信速度が1.2Gbpsと光回線とほとんど同じ速度で使うことができます。

また、W06は無線接続時でも、下りの最大通信速度が867Mbpsも出ているので、W05よりもW06の方が通信速度が速いモバイルルーターということになります。

W06で速い速度で使うにはいくつか条件が

ただし、W06で1.2Gbpsの速い速度で使うにはいくつか条件があります。

  • USB3.0以上のケーブルでルーター端末とデータ通信が使える機器を繋ぐ必要がある
  • WiMAXの通信モードをハイスピードプラスモードエリアで使う必要がある
  • パフォーマンス画面設定で4×4MIMO設定をオンにする必要がある

この上記の条件をクリアすると1.2Gbpsで使うことができます。

ただし、上り最大通信速度はW05の方が速い

下り最大通信速度は、W06の方が速かったのですが、上り最大通信速度は以下のようにW05の方が速くなっています。

  • W05:上り最大112,5Mbps
  • W06:上り最大75Mbps

上り最大通信速度が速い方が良い人は、W05を選んだ方が良さそうですね。

下りと上りの違いについて

下り最大速度とは、ネット閲覧や動画を視聴するときは下り通信速度が需要になりますが、動画や写真をアップロードする場合は、上り最大通信速度が重要になります。

実際に必要な上り速度は数Mbpsも出ていれば問題ありませんので、どちらのモバイルルーターを選んでも問題ありませんね。

実際の通信速度は約30Mbps

wimaxの実際の通信速度

上の画像はW06のルーター端末で実際の通信速度を測ったものですが、実際に出る通信速度は33Mbps程度です。

ちなみに、W05のルーター端末を使っても約30Mbps程度はでますので、実際にはそこまでは通信速度に変化ありません。

また、速いときには60Mbps程度の通信速度が出るときもありますので、ネット閲覧や高画質の動画の視聴でも問題なく利用することができます。

繋がりやすさ

WiMAXの最新モバイルルーター端末には、「Wi-Fi TXビームフォーミング」という新機能が搭載されています。

この新機能のおかげで、W06とWiFiで接続するスマホやタブレット、パソコンなどの機器の位置を検知してくれ、WiFiで接続する機器の方向に集中的に電波をつばしてくれます。

W05よりもW06の方が通信速度が20%アップしている

また、W05の端末よりもW06の方がWiFi接続時の通信速度が約20%も向上しています。

しかも、W06には、高性能ハイモードアンテナがついており、屋内や建物の中でも受信感度が向上しており、WX05やW05で繋がりにくかった室内でも繋がりやすくなっています。

新機能で通信モードを自動切り替えしてくれる

WiMAXのルーター端末には、電波の届きにくい場所ではauのLTEが使えるハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで、電波が繋がりやすくなります。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードでの月間通信量は7GBまでなのですが、7GBの通信量に到達する前に速度制限にかからないように、無制限で利用できるハイスピードモードに切り替えてくれます。

W06を使いたい人は、最初は自動切り替え機能がオフになっていますので、オンにすることをおすすめいたします。

※3年契約のWiMAXでは、ハイスピードプラスエリアモードが無料で使うことができます。

また、W05でもハイスピードプラスエリアモードを使うことはできます。

使いやすさ

WiMAXのモバイルルーター端末が届いたときに設定が必要だったのですが、W06は初めて電源を入れるときに以下のような簡単な設定だけで利用可能となりました。

  • 通信モード設定:ハイスピードモードかハイスピードプラスエリアモードのどれを使うか
  • 通信量カウンター:端末のホーム画面に表示するデータ量の表示
  • パフォーマンス設定:初期設定時はスマートモード、バッテリーセーブモードかハイパフォーマンスモードに切り替えができる
  • 自動アップデート:最新のソフトウェアや自動アップデートなどの確認の切り替え
  • WiFi接続:ルーターのSSIDやWiFiを接続する時のパスワードの設定ができる

設定は後からでも切り替えできますので、自分に合った設定ができます。

どちらもお引越し機能がついていて便利

W05からWiFi設定お引越し機能がついており、機種変更をした場合に以前に使っていたWiMAXのルーター端末のSSIDやパスワードを、次に使うWiMAXの端末に引き継ぐことができます。

この機能があるなら機種変更をしたときに、一からスマホやタブレット、パソコンなどの設定を一からしなくても 済むので、便利だと言えます。

サイズや重量

W06 W05
製造元 ファーウェイ
サイズ
(横、奥行き、高さ)
128×64×11.9mm 130×55×12.6mm
重さ 125g 131g
カラー ブラックブルー
ホワイトシルバー
ブラック、ライム
ホワイト、シルバー

上の表を見ていただいて一番わかりやすいのが、W06の薄さと重量です。

W06はW05に比べて、重量が軽く薄型の端末となっており、持ち運んで使うには最適なルーター端末となっています。

ただし、最大通信速度以外では、大きなつがいはないですので、デザインだけで選ぶならどっちを選んでも問題ありませんね。

バッテリー性能

WX06 W06 L02
wx06 W06 Speed Wi-Fi HOME L02
製造 NEC  HUAWEI HUAWEI
重さ 約127g  約125g 約436g
サイズ W111mm
H62mm
13,3mm
W12.8mm
H64mm
D11.9mm
約W93mm
H178mm
D93mm
通信速度  下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
下り最大1Gbps
上り最大75Mbps
通信回線  WiMAX2+
au 4G LTE
 WiMAX2+
au 4G LTE
 WiMAX2+
au 4G LTE
通信時間 WiMAX2+なら最大14時間  WiMAX2+なら11.4時間
自宅専用端末
連続待受
時間
 約700時間 約800時間
バッテリー
容量
 3,200mAh 3,000mAh
最大接続
可能台数
 最大16台 最大16台 最大40台

まず、W06のバッテリーの持ち時間は、ハイパフォーマンスモードで約7時間10分、連続通信時間は9時間、連続待受時間は800時間となっています。

バッテリー性能だけだとW05の方が上

一方、W05のバッテリーの持ち時間は、ハイパフォーマンスモードで約8時間10分、連続通信時間は9時間、連続待受時間は700時間となっています。

バッテリーを充電する時間ならW06の方が速い

W06とW05のバッテリーの充電時間は以下となっております。

  • W06:約140分
  • W05:約160分

バッテリーの充電時間ではW06の方が約20分速くてすみます。

現在は、W06を利用していますが、バッテリーは確かに早く充電できており快適です。

W05とW06を購入できるWiMAXを比較

プロバイダ 無制限プラン
(月額料金)
キャッシュバック 1年間あたり 1ヶ月あたり
(月額料金)
GMOとくとくBB
キャッシュバック
3,069円
〜4,263円
27,000円 41,720円 3,476円
GMOとくとくBB
月額割引
2,590円
〜4,263円
3,000円 42,301円 3,525円
Broad WiMAX 2,726円
〜4,011円
なし 42,875円 3,573円
DTI WiMAX 2,590円
〜3,760円
なし 43,086円 3,590円
カシモWiMAX 1,380円
〜4,079円
なし 43,456円 3,621円
UQコミュニケーションズ 3,880円 3,000円 46,560円 3,880円
BIGLOBE WiMAX2+
1年契約が可能です
3,980円 なし 47,760円 3,980円
so-net 3,380円
〜4,379円
なし 48,552円 4,046円
@nifty WiMAX 3,670円
〜4,350円
なし 51,746円 4,312円

※2020年5月の料金で比較しています。また基本的にWiMAXは3年契約となりますが、BIGLOBE WiMAXのみ1年契約が可能です。

現在、W05とW06を購入できるWiMAXはUQコミュニケーションズやWiMAXのプロバイダを含めてたくさんあります。

UQコミュニケーションズでは端末代金がかかりますので、ルーター端末が無料で一番安く利用できる最新のWiMAX比較でも記載しています通り「GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBB

GMOよくとくBBの詳細

GMOとくとくBBは、キャッシュバックがもらえてW06が一番安く使うことができます。

また、GMOとくとくBBでは、ピンポイントエリア判定をして「○」が出て自宅でWiMAXが使えなかった場合には、20日以内にキャンセルできるサービスがありおすすめです。

→ ピンポイントエリア判定をする

しかも、平日の15時半、土日祝は14時までに申し込むと翌日にモバイルルーターを発送してもらえすぐに使うことができます。

キャッシュバックは、11ヶ月後に送られてくるメールに振込口座確認のメールが届き、メールを返信するだけで受け取ることができます。

キャッシュバックが受け取れる公式サイトをみる

Broad WiMAX

違約金当社負担乗り換えキャンペーン

現在、Broad WiMAXでは違約金負担キャンペーンを行っています。

このキャンペーンは、最大19,000円の違約金を他社のWiMAXからBroad WiMAXに乗り換えるときに負担してもらえ、最新のルーター端末を使いたいと考えている人にもっともおすすめです。

現在、古い端末を使っていて通信速度が速く、快適にネットや動画を利用したい人には一番おすすめできるプロバイダです。

Broad WiMAXの公式サイトをみる

[まとめ]W05とW06はどっちがおすすめか?

W05とW06についてお伝えいたしましたが、こんな人にルーター端末は向いています。

  • 通信速度が速いルーター端末が欲しい人はW06
  • 外でよくルーターを使う人はバッテリー性能が上のW05

といった感じになります。

ぜひ、あなたにぴったりのルーター端末を選んで快適にWiMAXを使ってくださいね。

この記事が役に立ったら
いいね! してくださいね。