知っておいて損はないFUJIwifiを契約する前の4つの注意点

FUJIwifi(フジワイファイ)は、契約期間がない、違約金がないので気になっていませんか?

FUJIwifiでは、WiMAXとsoftbank回線プランの2つがあります。

しかし、初めにお伝えしておきますと、softbank回線が利用できる「4G/LTEいつも快適プラン」は4つの注意点があるので契約をオススメいたしません

FUJIwifi(フジワイファイ)の契約をお考えなら契約期間のない「WiMAXのプラン」がオススメです

もし、WiMAXがエリア外の場合には、4G/LTEいつも快適プランよりも注意点が少ない「どんなときもWiFi」をおすすめいたします。

→ どんなときもWiFiについてみてみる

では、FUJIwifi(フジワイファイ)を契約する前の簡単なポイントや注意点を交えてお伝えいたします。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

(2020年5月更新)

FUJIWifiを簡単解説

fujiwifiFUJIWifiは、モバイルルーターを購入するサービスではなく「SIMカードのみかSIMとモバイルルーターをレンタルできる」サービスです。

運営会社は、株式会社レグルスとなっており、光回線などでは必ず必要な回線工事費もなく、モバイルルーター端末が届けば、すぐに利用できるのが特徴です。

また、タブレットやスマホ、パソコンなど複数の機器を一度にWiFiを飛ばして繋げることができ、同時に利用できる便利なアイテムです。

しかも、契約期間や違約金などがなく、いつでも安心して解約ができるのがもっとも特徴なモバイルルーターとなっています。

FUJIWifiを契約して安心できる4つのポイント

FUJIWifiで安心できるポイントは4つです。

  • 毎月16日以降の申し込みなら半額で利用できる
  • モバイルルーターはレンタルなので端末を購入しなくても良い
  • モバイルルーターが故障しても安心サポートの加入で安心
  • いつでも解約ができる

毎月16日以降の申し込みなら半額で利用できる

FUJIwifiでは月額料金の日割り計算などは行なっていませんが、毎月16日以降に申し込みをすると月額料金を半額で利用することができます。

詳しくは以下をご覧ください。

  • 毎月1日〜15日の申し込みなら月額料金を満額支払う必要がある
  • 毎月16日〜月末の申し込みなら月額料金を半額で利用できる

FUJIwifiでは日割り計算は行なっていませんが、月の後半に契約することで安くお得に利用することができます。

※支払い方法はクレジットカードのみですので、口座振替は行なっていませんので注意してくださいね。

モバイルルーターはレンタルなので端末を購入しなくても良い

FUJIWifiでは、インターネットを流要する為に必要なモバイルルーターを購入しなくても良い特徴があります。

なぜなら、FUJIwifiは、モバイルルーターをレンタルできるサービスだからです。

端末代がかからず経済的

なので、契約をしても端末を購入しなくてもいいので端末代金がかからないといったメリットがあります。

レンタルではないモバイルルーターが良い方は「安い無制限のポケットWiFi比較」をご覧ください。

ちなみに、FUJIwifiでは申し込み時に、モバイルルーターを充電するためのACアダプターを300円で購入できます。

端末によっては、ご家庭にあるアダプターでは充電できない機種がありますので、購入するのもオススメです。

モバイルルーターが故障しても安心サポートの加入で安心

また、モバイルルーター端末が故障した時には便利な「月額300円の安心サポート」に加入する事ができます。

水没や落下時のルーター端末の故障があった場合に、ルーター端末の修理をしてもらえます。

※安心サポートに加入していなくても自然故障の場合は無償で端末を交換してもらえます。

ただし破損してしまったパーツなどを全て返却しないと有償になってしまいますので注意してくださいね。

一年以上継続して利用すると無償でバッテリー交換も

ちなみに、安心サポートに1年間以上継続して加入しておくと、無償でバッテリー交換をしてもらえるといったメリットもあります。

そんな、安心なサポートは以下2種類から選ぶ事ができますよ。

  • ルータープラン用の安心サポートpremium
  • SIMプラン用の安心サポートpremium

2つの安心サポートの説明を簡単に表にしておきますね。

ルータープラン用の安心サポート SIMプラン用の安心サポート
ルーターの紛失とバッテリー交換

ウイルス対策に対応

simカードと端末が合わなかった場合の相性保証

ルーターの破損と紛失

ウイルス対策がセット

端末の紛失による交換は1回線につき年に1回だけです、またSIMカードの破損や紛失の場合の再発行は4,000円かかりますので注意してくださいね。

いつでも解約ができる

契約期間のあるポケットWiFiのような通信サービスでは、契約期間内に解約をすると違約金を支払はなくてはいけないことがあります。

しかも違約金を支払うこともなくいつでも解約できる

しかし、FUJIwifiは、どんなプランを契約したとしても契約期間と違約金がないので、利用する人のことを一番に考えたサービスだと言えます。

いつでも解約をしても違約金がかからないのは一番の魅力ですね。

が解約方法については「FUJIwiiのモバイルルーターの解約方法の注意点」に記載していますので参考にしてくださいね。

FUJIwifiの公式サイト→ https://fuji-wifi.jp/

FUJIWifiのプランはWiMAX2+プランとSoftBank回線の2つ

fujiwifiのプランの詳細

まず、FUJIwifiには、ルーターをレンタルできるWiMAXプランと、SIMカードをレンタルするかルーターをレンタルするかを選べるSoftBank回線のプランがあります。

ルーター端末を持っている方はSIMカードをレンタルできるプラン、ルーターを持っていない方はルーターをレンタルできるプランがおすすめです。

※FUJIwifiでは契約後にマイページから手数料が1,000円で旧プランから新プランへのプラン変更が同時にできます。

毎月のデータ量を使用頻度にあった使い方ができますね。

詳しいプランにつきましてはFUJIwifiのプランを詳しく解説!比較でわかったおすすめはこれだでも解説しています。

WiMAXのプラン

fujiwifiと他社のWiMAXのプロバイダを比較した表
※上は「WiMAXを最安で使う方法」でも記載していますが、FUJIwifiと他社のWiMAXのプロバイダを比較した表です。

FUJIwifiのWiMAXプランは2種類ありましたが、現在では「月額3,200円の使い放題プランのみ」用意されています。

月額料金は3,200円で、1年間だと38,400円で利用できることになります。

※初期費用は2,000円必要です。

他社のWiMAXは3年契約!でもFUJIwifiは契約期間もなく安く利用できる

この中で安く利用できるWiMAXは「GMOとくとくBB」ですが、3年契約があり違約金は19,000円〜9,500円もかかってしまい、長期間利用したい方以外は安く利用できません。

しかし、FUJIwifiのWiMAXプランは2番目に安い料金で利用でき、契約期間や違約金もなく、いつでも解約できます。

短い期間お得にWiMAXをレンタルして利用したい方にFUJIwifiはおすすめです。

FUJIwifiの公式サイト→ https://fuji-wifi.jp/

速度制限がゆるい

特徴としては、月に利用できるデータ量は無制限ですが、3日間に10GBのデータ量を利用した場合のみ「翌日の18時から翌々月の2時まで」速度制限にかかります。

しかし、速度制限時でも約1Mbpsの通信速度でデータ通信を利用できます。

1Mbpsは標準画質程度の動画なら見れる

ちなみに約1Mbpsの通信速度は、ネット閲覧やYouTubeの標準画質程度の動画なら見ることができます

他社のポケットWiFiなら速度制限時は、128Kbps〜200Kbpsの通信速度でしかデータ通信ができませんので、WiMAXプランは快適に利用できます。

スマホで動画を視聴する程度なら問題なく利用できますね。

利用できるエリアは広い

FUJIwifiのWiMAXプランは、UQコミュニケーションズが提供している、WiMAX2+のエリアと同じエリアで利用でき、日本全国広範囲で使えます。

もし、FUJIwifiのWiMAXの利用をお考えの方は、今お住いの場所でWiMAXを利用できるかをエリア判定できます。

→ UQコミュニケーションズのサービスエリア判定をする

エリア判定をして「○」が出た場合には、ほとんどの場所ではデータ通信を利用することができます。

電波状況が悪い時にはハイスピードエリアプラスモードが利用できる

ハイスピードエリアプラスモード

FUJIwifiのWiMAXプランは、通常ハイスピードモードでデータ通信を利用でき、地方や山岳などでは電波が繋がりにくいのが特徴です。

ハイスピードエリアプラスモードは月額1,000円かかりますが、ルーター端末で簡単に切り替えることができます。

ひと月のデータ量が7GBまでに制限されますが、au 4G LTE回線が利用でき、電波が繋がりにくい場所でも繋がりやすくなります

ただし、ハイスピードエリアプラスモードは、決められた7GBのデータ量を使い切ってしまうと、128Kbpsの通信速度でしか利用できませんので注意してくださいね。

ハイスピードエリアプラスモードのルールーは、どこのWiMAXを契約して使っても同じです。

レンタルできるモバイルルーターは通信速度の速いW05

fujiwifiのwimaxプランでレンタルできる端末

FUJIwifiのWiMAX2+with au4G/プランで、レンタルできるモバイルルーター端末は、Speed Wi-Fi NEXT の「W05」と「W04」です。

最新端末ではありませんが、どちらのモバイルルーター端末も、最大通信速度が速く、データ通信が利用できるパソコンやタブレットなどの機器に電波をとばして利用できます。

また、一度に最大10台程度まで接続して利用することができます。

最新端末を利用したい場合は、以下のリンク先からどんなルーター端末かみていただきます。

→ WiMAXの最新で最速モバイルルーター端末比較

では、WiMAXプランを説明しましたので、WiMAXを利用するならFUJIwifiとUQコミュニケーションズでは、どっちが安くお得かみていきましょう。

WiMAX2+プランはFUJIWifiとUQ WiMAXどっちがお得か簡単比較

詳細 FUJIwifi UQコミュニケーションズ
データ通信量 無制限 無制限
月額料金 3,200円 4,380円
契約期間 なし 3年間
違約金 なし 19,000円〜
9,500円
初期費用 2,000円 3,000円

関連記事→ 最安値で利用できるWiMAX比較

こちらの比較表をみていただきますと、もうおわかりですね。

FUJIwifiの方が安くてお得

UQコミュニケーションズのWiMAXは月額4,380円で違約金が高額なのに対して、FUJIwifiは、月額3,200円で安く利用することができます。

WiMAXは、どれを利用しても、回線や通信速度やエリアは同じですので、契約期間や違約金がなく安く利用できるFUJIwifiがおすすめです

キャンペーン時などは、クーポンコードが必要ですが、申し込みを進めて行くと自動でクーポンコードが挿入されます。

FUJIwifi公式サイトをみる

FUJIwifiのクーポンコード(キャンペーン)につきましては、以下で情報をチェックできます。

では、続きましては、softbankの回線が利用できるプランについて説明していきますね。

softbank回線のプラン

各社の料金比較

こちらのプランは、softbank回線でデータ通信が利用でき、以下の2種類からプランを選ぶ事ができます。

  • SIMカードのみを契約できるSIMプラン
  • モバイルルーターとSIMをセットで契約できるプラン

モバイルルーターをレンタルできるプランは5つ

通常プラン
プラン名 通信量 月額料金 レンタルできる端末
25GBプラン 25GB 2,500円 FS030W
50GBプラン 50GB 3,100円 FS030W
100GBプラン 100GB 3,800円 FS030W
304ZT
501HZ
200GBプラン 200GB 4,800円 FS030W
4G/LTE
いつも快適プラン
無制限 6,000円 FS030W
304ZT
501HZ
ARIA2

※初期費用に2,000円必要です。

通常プランは、月額料金を毎月普通に支払って利用するプランで、ルータ端末をレンタルできますので、端末をお持ちでない方におすすめのプランです。

おまとめプラン(長期間利用したい方におすすめ)
プラン 通信量 3ヶ月間 6ヶ月間 9ヶ月間 13ヶ月間
25GBプラン 25GB 7,200円 14,100円 20,700円 28,340円
50GBプラン 50GB 9,000円 17,400円 25,200円 34,840円
100GBプラン 100GB 11,100円 21,600円 31,500円 42,640円
200GBプラン 200GB 14,100円 27,600円 45,000円 55,640円
4G/LTEいつも快適プラン 無制限 17,100円 33,000円 47,700円 64,740円

※初期費用に2,000円必要です。

おまとめプランは、決められた一定の期間分の料金を初めに支払っておくことで、少し安く利用できるプランです。

SIMカードのみを契約できるプランのデータ量は4つ

SIMカードのみを契約できるプランでは、nano simが提供されています。

また、SIMが送られてくる時には、SIMアダプターが付いてきますので、標準SIMやmicro SIMとして利用することもできます。

通常プラン(毎月支払う金額が決まっている)
プラン名 通信量 月額料金
20GB 20GB 2,400円
50GB 50GB 3,100円
100GB 100GB 3,800円
200GB 200GB 4,800円

※初期費用に2,000円必要です。

こちらのプランは、端末をお持ちの方には「SIMカードのみ契約できるプラン」です。

SMSを利用することはできませんが、データ通信だけを利用することができます。

おまとめプラン(まとめて支払うことで安く利用できる)
プラン 通信量 3ヶ月間 6ヶ月間 9ヶ月間 13ヶ月間
20GBプラン 20GB 7,050円 13,500円 19,350円 25,740円
50GBプラン 50GB 9,000円 17,400円 25,200円 32,240円
100GBプラン 100GB 11,700円 21,000円 29,700円 38,740円
200GBプラン 200GB 14,100円 27,000円 38,700円 51,740円

※初期費用に2,000円必要です。

おまとめプランは、決められた一定の期間分の料金を初めに支払っておくことで、少し安く利用できるプランです。

SIMプランを利用する前の注意点

SIMプランは、softbank回線が利用できるSIMフリーの端末が必要で「softbank 4G LTE」に対応している端末で利用するのがオススメです。

また、モバイルルーター以外のスマホやタブレットでも利用することはできます。

しかし、アンドロイド端末以外のIOSの端末では、テザリングを利用することができませんので注意してくださいね。

対応バンドと周波数(利用できる端末の周波数など)
LTE/4Gバンド 周波数
Band 1 2.1GHz
Band 3 1.7/1.8GHz
Band 8 900MHz
Band 11 1.5GHz
Band 28 700MHz
Band 41 2.5GHz
Band 42 3.5GHz
3Gバンド 周波数
Band 1 2.1GHz
Band 8 900MHz
Band 9 1,7GHz

基本的に上記の対応バンドや周波数が対応している端末であれば、SIMカードを入れてデータ通信を利用することができます。

最適なプランの選び方

各プランはこんな人におすすめです。

  • 25GBプラン:キャリアやスマホのデータ通信量プランを小さいものにして、少しでも月々の料金を節約したい
  • 50GBプラン:毎月メールやLINE、ネットの利用、標準画質の動画まで視聴したい
  • 100GBプラン:ネット環境がなくすぐに利用できるモバイルルーターが欲しい、毎日キレイな画質の動画を視聴したい
  • 200GBプラン:100GBでは足りない方におすすめ
  • いつも快適プラン:毎日通信量を気にすることなくネットや高画質の動画を楽しみたい

→ 動画配信を視聴する時に必要な通信速度とデータ通信量は!?

どこでも電波が繋がりやすい

WiMAXの電波が入りにくい屋内や、田舎に住んでいて電波が届かない方にはぴったりのプランです

また、山岳などでも電波が比較的繋がりやすいくなっています。

ただし、ソフトバンク回線のプランは、無制限プラン以外を選んだ場合は、ひと月のデータ通信量を使い切ると128Kbpsの通信速度になりますので、注意してくださいね。

気になる方はsoftbankのエリアから利用が可能か調べてみてくださいね。

→ ソフトバンクのエリアを調べる

では、プランの説明をしていきますが、最後には注意点もありますので、しっかり読んでから契約をするかどうかお考えする事をオススメいたします。

softbank回線の4G/LTEいつも快適プランの通信速度

まずは、1つ目の通信速度です。


ダウンロードが20Mbps、アップロードが17Mbpsで、通信速度を遅く感じる方がいらっしゃるみたいですね。

2つ目の通信速度です。


ダウンロードが29Mbps、アップロードが21Mbpsと、問題なく利用できるほどの通信速度がでていますね。

3つ目の通信速度はどうでしょうか。


山奥でも、ダウンロードが52Mbps、アップロードが13Mbpsと快適なようですね。

これだけ、通信速度が出ていれば固定回線の代わりにできネットや動画を観ても快適なのは間違いありませんね。

しかし、ここからが本題です。

FUJIwifiの4G/LTEいつも快適プランを契約する前の4つの注意点

FUJIwifiの「4G/LTEいつも快適プラン」を契約する前の注意点は、以下4つとなります。

  • FUJIwifiの申し込みにはレグルス会員登録が必要
  • クーリングオフ制度が適用されない場合がある
  • 実は4G/LTEいつも快適プランには速度制限がある
  • 月額料金が値上げの可能性がある

FUJIwifiの申し込みにはレグルス会員登録が必要

FUJIWifiは、「株式会社レグルス」といった派遣会社が運営している通信代理店事業サービスです。

法人の方は、申し込みができるのですが一般の方がFUJIwifiを契約する時には、一度レグルス会員に加入してからでないと申し込みをする事ができません。

口コミでは、レグルス会員に登録すると派遣案内のメールが届くなどと、以前は噂されておりましたが、実際にはありませんので問題ありません。

※FUJIwifiは、電話での申し込みは行なっておりません。ネットからの申し込みだけですので注意してくださいね。

そんなに気にしなくても大丈夫

もし、契約後にメールが届いてほしくない方は、申し込み時に「不要な方はチェックを外してくだい」の項目のチェックを外しておくと、メールが届かないので心配する事はありません。

クーリングオフ制度が適用されない場合がある

FUJIwifiには、以下2つの条件が重なった場合のみクーニングオフが適用になります。

  • FUJIwifiをサービスエリア内で利用できない
  • FUJIwifiを屋外で使っても電波が圏外で利用できない

また、申し込み後にレンタル開始から7日以内に、問い合わせフォームからメールで連絡をしFUJIWifiで受理された場合だけクリーニングオフが適用になります。

しかし、FUJIwifiを屋内で利用して電波がない時にはクリーニングオフが適用にはならないので注意が必要です。

外出時のみFUJIwifiを利用したい方は問題ありませんが、ご自宅でインターネットや動画を楽しもうと思っていたのに、データ通信が利用できない時はただのガラクタになってしまいます。

心配な場合はクーリングオフ制度のあるWiMAXがおすすめ

そんな心配がないモバイルルーターを利用したい方は、「GMOとくとくBBのWiMAX」がおすすめです。

なぜなら、「GMOとくとくBB」では、お住いの場所の「サービスエリア調査」で通信判定結果で「○」が出たのにも関わらず、自宅でネットに繋がらない時は契約をキャンセルをできるからです。

以下が判定結果の画像になります。

判定結果

もし、契約をしてご自宅でデータ通信が利用できなかったらかなりの問題ですよね。

ですので、クーリングオフが適用される通信会社で契約するのがおすすめです。

ちなみに、限られたデータ通信量しか利用はできませんが、WiMAXの電波が利用できないエリアにお住いの場合は、「ネクストモバイル」がおすすめです。

ネクストモバイルなら、限られたデータ通信量しか利用できませんが、ソフトバンク回線のLTEが利用でき、田舎や地方などでも繋がりやすいからです。

また、20GBのデータ通信量なら月額2,400円から利用できます。

無制限プランのあるポケットWiFiを利用したい方は、2年契約になりますが、月額3,480円でdocomo、au、SoftBank回線が利用できる「どんなときもWiFi」もあります。

比較的繋がりにくい場所でも電波が届きやすく、現在では1ヶ月間に1TBの通信量を使っても通信制限がこないと評判です。

→ どんなときもWiFiの公式サイトはこちら


実は4G/LTEいつも快適プランには速度制限がある

実は、FUJIwifiの公式サイトの「4G/LTEいつも快適プラン」の詳細の一番下に、通信量がヘビーユーザの方は通信速度を制限する事があると書かれているのはご存知でしょうか。

以下がFUJIwifiの公式サイトに実際に記載してる内容になっています。

企業努力により快適にご利用いただけるようサービス提供をしております。
ただし通信会社の判断により「異常な通信利用量のヘビーユーザーである」と
みなされた場合には制限が発生する場合がございます。

では、実際にどのくらいデータ通信量を利用すると通信制限にかかってしまうのか疑問ではありませんか。

FUJIwifiの公式サイトには、ヘビーユーザーとしか記載されていませんので、100GBや200GBしか利用していないのにヘビーユーザーと判断されれば速度制限にかかってしまうことになります。

そこで、実際にどのくらいのデータ通信量を利用して通信制限が来たのかを、通信制限にかかった方の口コミを調べましてみましたのでご覧ください。

口コミと評判でFUJIwifiはどのくらいの通信量で速度制限にかかったのか?

300GBで速度制限がくる場合も


こちらは、300GB超えて速度制限にかかってしまった方です。

15GBしか利用していないのに速度制限が

次の方の口コミはどうでしょうか。


こちらは15GBの利用で、速度制限にかかってしまったようですね。

こんなに早く速度制限が来てしまいますと、時間があって映画を見たい時、緊急で重要なことをネットで調べたい時など利用できなくて困ってしまいます。

また、実はこんな問題もあります。

FUJIwifiで速度制限にかかってしまった時の2つの問題

FUJIWifiで速度制限にかかってしまうと、以下の2つの問題がおきてしまいます。

  • 1、翌月の1日まで速度制限にかかったまま
  • 2、速度制限にかかると端末交換をすることで速度制限を解除できるが利用できない期間がでる

まず、FUJIwifiの4G/LTEいつも快適プランで通信制限にかかる場合は、毎月20日に速度制限開始のメールが届きます

速度制限時はとにかく通信速度が遅い

その間は128Kbpsの遅い通信速度でしかデータ通信を利用できないので、ネットを見るだけでも繋がりにくくストレスになってしまいます。

毎月1日まで通信速度の制限が解除されるのを待たなくてはいけません。

ルーター端末を交換してもらって速度制限を解決できるが利用できない期間が出てくる

もし、翌月の1日を待たずに速度制限を解除したい場合は、FUJIwifiで新しいルーター端末と交換してもらうことで、速度制限を解除してもらう事ができます。

しかし、新しい端末が届くまでに、早くても3日、遅くて一週間程度はかかってしまいますのでネットを利用できない期間が出てしまいます

光などの固定回線の代わりとして利用したい人には、不便なモバイルルーターになってしまいます。

しかも、送料は自己負担になってしまう

また、こんなデメリットもあります。

  • 端末を交換したい場合の送料は自己負担
  • FUJIwifiから送られてくるルーター端末は古い機種の「FS030W」

これでは、余計なお金がかかってしまって、最新機種の端末が利用できないので操作性が悪くなってしまう可能もあります。

それなら、初めから3日間で10GBのデータ通信量を利用した場合のみ速度制限がくる「WiMAXプラン」を契約する方が安心ではないでしょうか

WiMAXプランならはじめに決められた通信制限だけですので、ネットや動画を安心して利用していただけます。

FUJIwifiの公式サイト→ https://fuji-wifi.jp/

契約後に月額料金が値上げの可能性がある

月額料金 4G/LTEいつも快適プラン
以前の月額料金 4,800円
現在の月額料金 6,000円

上の表を見ていただきますとお分かりの通り、FUJIwifiの4G/LTEいつも快適プランは、一度月額料金が1,200円ほど値上がっています。

今後も値上げの可能性は十分にある

料金が値上がった実際の理由はわかりませんが、もし、FUJIwifiを利用する方が増えない場合、利益の確保ができなくなって、また月額料金が値上がってしまうかもしれません

値上がってしまえば、違約金もなく、すぐに解約ができて、使い放題プランがあって、softbank回線が利用できる同じ条件の「ivideo」に乗り換えるといった方々も実はいます。

しかし、ivideoも値上げを一度実施していて、FUJIwifiと同様に利用する方が減った場合は、速度制限費用を通信会社に払えなくなり、今後速度制限にかかってしまう可能性も出てくるかもしれません

ですので、こちらもオススメとは言えません。

どうしてもFUJIwifiを利用したい方は、WiMAXプランが安心で最適なプランです。

FUJIwifiの公式サイト→ https://fuji-wifi.jp/

結論!FUJIwifiを利用したい方はWiMAXプランがオススメ

WiMAXプラン

FUJIwifiは、違約金がなくいつでも解約ができ、4G/LTEいつも快適プランは使い放題でsoftbankの安定した回線が月額6,000円で利用でき、お得なのは間違いありません。

ですので、4G/LTEいつも快適プランを契約して利用したい方は、以下を注意しておいてくださいね。

  • 申し込みにはレグルス会員登録が必要(ここはどのプランも同じ)
  • 4G/LTEいつも快適プランには速度制限がある
  • 月額料金が値上げの可能性がある

この注意点を知って契約期間や違約金のない、FUJIwifiを契約して利用したい方には、4G/LTEいつも快適プランではない「WiMAX」プランがおすすめです。

また、「クーリングオフ制度が適用されない場合がある」ことを考えますと、「サービスエリア判定」で「○」が出て、データ通信が利用できなかった場合のみ20日以内のキャンセルができる「GMOとくとくBBのWiMAX」もオススメです。

ぜひ、あなたに最適なモバイルルーターで快適にネットや動画を楽しんでくださいね。

FUJIwifiの公式サイトをみる



この記事が役に立ったら
いいね! してくださいね。